自由が丘・奥沢の不動産、ハウジングナビのスタッフブログ
世田谷の奥沢で不動産仲介業を展開中のハウジングナビ。 奥沢を中心に新築戸建・中古戸建・土地・マンションの情報を発信中。弊社は東急目黒線「奥沢」駅より徒歩4分の場所にあります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップの誤審について
世田谷区 奥沢 自由が丘 不動産 土地 新築 ハウジングナビ≫



ハウジングナビの有馬です。


「誤審」という違った意味でも盛り上がっていますね、ワールドカップ。


昨夜の「イングランド対ドイツ」でもランバードのシュートがポストに当って

ボールはゴールラインを割っていたのに判定はノーゴール!

「アルゼンチン対メキシコ」でも明らかにオフサイドでの得点!

認められた方はラッキー!認められなかった方はアンラッキー!

「それもこれも含めて、これがサッカーだ」という事みたいですが、なにか釈然としません。


審判の立ち位置によっては「ノーゴール」に見えたり、

タマタマ死角になっていて見えてなかったりという事もあるとは思うのですが、

テクノロジーが進歩した現在では審判の目よりカメラの眼の方が

どうしても正確に物事を映し出してしまう事になるのでこれからも「誤審」は判明していく事でしょう。

勿論、ビデオ判定を導入すれば「誤審」は減るのでしょうが審判の立場は今の絶対的なものではなく、

微妙なものになってしまい、それはそれで問題なのでしょうね。



昨夜、「イングラント対ドイツ」戦を観ていて、

シュートを放ったランバードや近くで見ていたイングランドの選手だけではなく、

最も近くで見ていたドイツの選手も「今のは入っていたな」ってことが分かったはず。

そこで、仮にですが「覆る事がない絶対的な審判の判定」をひっくり返す意味で

あえてドイツがイングランドに1点献上していたらどうなんだろうかと考えてしましました。



青臭い考えと言われるかもしれませんが、ドイツが1点献上なんて事をしたら世界中から賞賛されたのでは?


負けたら世界中のみならず自国のメディアからも叩かれる代表チーム。

喉から手が出るほど欲しい貴重な1点を献上なんて、

夢みたいな話かとは思うのですが、いつかそんな国(チーム)が現れても良いかも。

それで敗退しても人々の記憶には残る話になると思うのですが。




世田谷区 奥沢 自由が丘 不動産 土地 新築 ハウジングナビ≫


スポンサーサイト

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://housingnavi1968.blog112.fc2.com/tb.php/389-36c2f06c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奥沢の不動産、ハウジングナビ

Author:奥沢の不動産、ハウジングナビ
奥沢の不動産会社、ハウジングナビ。
奥沢、自由が丘を中心に不動産の仲介をしています。
城南エリアで不動産をお探しの方、
奥沢のハウジングナビにお問い合わせを。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。